試乗で行こう。BMW_X1 sDrive 20i

試乗で行こう。メルセデスベンツC200 AMGライン

試乗で行こう。静かなコンパクトカーはどれ?







試乗で行こう。スイフトスポーツ

試乗で行こう。デミオXDディーゼルターボ

試乗で行こう。ハスラー

 

試乗で行こう。ワコーズのeクリーンプラスを試す

試乗で行こう。ユーザー車検の受付手順とやり方について

試乗で行こう。駐車違反で反則金を支払わずに済む方法

試乗で行こう。自分で撮影した写真を持ち込みで免許更新

試乗で行こう。ナンカン夏タイヤAS-1はダメでした。

本文説明スタート

軽自動車・ソニカ

ソニカ、純正15インチアルミ → ダイハツ14インチホイール交換のおすすめ。

更新日:

ソニカの純正15インチをダイハツ純正14インチアルミに交換すると乗り心地が向上

メガネちゃん
ソニカの純正15インチは硬い!
姉さん
乗り心地を考えると、14インチまでなのね。

2018年10月。夏の純正15インチ アルミホイールから、

冬の14インチに交換しました。

で、感じたのは14インチタイヤの乗り心地の良さ。

2019年の春には純正15インチを売って、

夏タイヤも14インチにしようかと考えております。

ソニカ、純正15インチアルミは硬い乗り心地

2007年に新車でソニカを購入してから、

11年が経過しました。その間、夏タイヤはずっと

純正15インチアルミホイールを使用しています。( エンケイ製 )

ソニカ純正の15インチアルミホイール。乗り心地は硬い。

で、10月になったので冬支度

スタッドレスタイヤへ交換。ちなみに14インチです。

 

ダンロップ・DSX2を6シーズン使い倒したので、

今シーズンは新品タイヤを購入しました。

ブリジストン・VRX 155/65/R14 です。

新品のスタッドレスタイヤに交換。14インチ。

◆◆
 

新品の冬タイヤなので、そのまま小樽までドライブ。

新倉屋の花園だんごとソニカ。

小樽へドライブ。新倉屋の花園だんご

往復50kmほど走行して一皮剥けました。

で、感じたのは、

14インチ、

乗り心地がいいなぁ。

です。

14インチの乗り心地は良い。柔らかい。

毎回、夏タイヤから冬タイヤに交換するたび、

  • 14インチは柔らかいなぁ。
  • ゴツゴツしない。しなやかでいいなぁ。
  • リアの突き上げ解消してるなぁ。

と。

で、来年は夏タイヤ14インチ化することに決めました。( 遅すぎ )

純正15インチホイールはヤフオクで売ることになるので、欲しい方はどうぞ。次期が来たらブログで報告します。

ムーヴ・タントの、純正14インチアルミホイール

私はもう直ぐ30代も終わる身なので、スピードへの興味は消え失せました。

よって、13インチでも良いのですけれども、

ソニカRSリミテッドのフロントディスクブレーキに干渉してしまう恐れがあり、

オートバックスでホイールのフィッティングしてもらおうとしたら、

「 純正サイズ以外は売れません 」と冷たく断られた。ガッテム(笑)

 

また、冬タイヤの13インチ化について冷静に考えると、

ホイール内に雪が入り、狭いぶんディスクブレーキに雪が付着、氷結トラブルに発展。

「 冬の13インチは無しかも? 」と。

 

ホイールについては中古でまったく問題なし。

むしろ、同じダイハツのムーヴ・タントカスタムなどのアルミであれば

フィッティングの問題も無いですし。

 

ヤフオクでチラッと調べた限りでは、

以下のようになりました。

金額も4本1万円前後とリーズナブル。

 

2代目ムーヴ・カスタムの、14インチ純正アルミホイール。

ソニカの15インチのように、斜めフィンのようなスポーク・デザイン。

私は2代目ムーヴがデビューしたときに、ダイハツの営業マンを行ってました。懐かしい。

ムーヴカスタムの純正14インチアルミホイール

タントの、14インチ純正アルミホイール。

タント?の14インチ純正アルミホイールらしい。

無難なデザイン。

タントカスタムの純正14インチアルミホイール

3代目ムーヴの、14インチ純正アルミホイール

昔のスバル・レガシィB4_RSKなどが付けていた、ゴールド色のホイール形状に似てて好み。

3代目ムーヴRSの純正14インチアルミホイール

スバル初代レガシィB4RSKの金色ゴールド純正アルミホイール

ムーヴ・ラテの、純正14インチ

女性向けデザインのムーヴ・ラテ。その純正アルミホイール。

ムーブラテの純正14インチアルミホイール

ぱっと見で、フォルクスワーゲンのGTI専用アルミっぽく見えます。

「 その気は無いけど、速いのよ 」という感じが意外と好き。

ゴルフ6の純正スポーツアルミホイール

古いダイハツ純正アルミホイール

これは何だろう?結構古いデザイン。でもダイハツっぽい。

初代ムーヴの純正14インチアルミホイール

4代目ムーヴの、純正14インチアルミホイール

逆に落ち着いたソニカに見える。悪くない。

ムーヴの純正14インチアルミホイール

多スポークアルミは、ちょっと前の高級セダンに多く見られたような 。

初代ティアナは好き。

初代日産ティアナの純正アルミホイール

純正14インチに合う、夏タイヤはどれを買う?

今までの夏タイヤのブランドは、

ブリジストン・ポテンザ

ブリジストン・エコピア PZ-XC

ダンロップ・ルマン703

ダンロップ・ルマン704 ( ← イマココ )

 

ブリジストンのPZ-XCは、高かったけど、

ハンドルが軽くなることが分かるほどの抵抗の少なさで、

燃費も良かったのですが、

磨り減って磨耗した状態でもある程度静かなトレッドパターンで好感を持ちました。

逆に、

コンフォートタイヤといえど、

ルマン703・ルマン704は、擦り減った後がうるさくてダメ。

でも、新品に交換後しばらくは吸音スポンジのおかげで静かで快適だった。

ルマン704のトレッドパターン

ルマン704のスリップサイン。

ただ、ルマンは値段が高いコンフォートタイヤにおいて、

値段が安いのが魅力的。

ルマン704とルマンV5のダンロップ吸音スポンジタイヤ。

 

ルマンV(ファイブ)では、トレッドパターンの変更で静粛性も向上したとか。

2019年の春に購入するなら、ダンロップ LE MANS V かしら。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

155/65R14 ルマンV
1本 ¥5,800


商品の説明

ダンロップは元々モータースポーツの母国イギリスの会社でしたが、現在は日本の住友ゴム工業のタイヤブランドになってます。日本のメーカーです。
そのダンロップが販売しているコンフォートタイヤが、LE MANS 5 ( ルマンファイブ )になります。言わずと知れた「 吸音スポンジ 」で車内に侵入するロードノイズを低減。以下はルマン5の特徴であるサイレントコア( 特殊吸音スポンジのこと )

ルマンの特殊吸音スポンジの断面図

ルマン703 → 704 → V と進化するたびトレッドパターンも進化してロードノイズを小さくしています。市街地走行でも高速道路走行でもルマン4の静粛性がAS-1より勝っていましたので、ルマン4の後継であるルマン5を購入されても後悔はしないと思います。オススメです。

ルマン5からは非対称パターン。さらに溝の壁に排出空気の流れをコントロールするためのセレーションを設置することでさらなるパターンノイズを削減。名実ともに日本を代表するコンフォートタイヤ。

ブロックパターン。溝壁背レーション

ダンロップの公式サイトで、吸音スポンジの効果を確認できる動画(57秒)を見れます。

別ページで開きます → 吸音スポンジの動画

 


↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
165/55R15 ルマンV
1本 ¥7,500


商品の説明

4本で30,000円ですが、雪が長期で積もらない関西・関東方面であれば3年間使い続けるとして、30,000円÷36ヶ月=1ヶ月辺り820円。静かな車内空間を得られると考えるとコストパフォーマンスの良い買物です。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
185/60R15 ルマンV
1本 ¥8,500


商品の説明

コンパクトカーでよく見かける185/60R15サイズのルマン5になります。

ソニカの夏タイヤの歴史 ← 記事です。






おすすめのカーナビやカー用品

-軽自動車・ソニカ
-

Copyright© 試乗速報 , 2019 All Rights Reserved.