試乗レビューコーナー

試乗で行こう。静かなコンパクトカーはどれ?

おすすめカー用品コーナー

自分で撮影した写真で免許更新する方法。







 
試乗で行こう。スイフトスポーツ

 

ユーザー車検のやり方。

オリンピックラグビーナンバー変更方法

クルマの豆知識。

部品交換・点検整備。

ACC付き軽自動車、ダイハツ・ソニカ

モーターショーや展示会・試乗会

本文説明スタート

軽自動車・ソニカ

ソニカ、タイヤ交換の履歴

更新日:

ソニカのタイヤ交換

4月5日。

本格的な雪降りも無くなって昼間であれば気温が15度まで上昇した札幌。

天気も良かったのでソニカタイヤ交換を行いました。(*^^*)

 

2017年4月5日、冬タイヤ から 夏タイヤに交換

まずは物置から夏タイヤを引っ張り出してきました。貧弱な私アフリカンにとって15インチは重いです。何とか片手で持てますが。

続いて、トランクルーム下よりジャッキと、買い足したクロスレンチを取り出します。

交換前の準備

翌々、説明書を見たところ締め付けトルクって決まっているんですね・・・。

103N・m(ニュートンメートル)らしいです。(1,050kgf・cm)

締め付けトルク

最後にサイドブレーキを掛けます。うーん、普段はサイドかけることがないから不思議な踏み心地。

サイドブレーキ

冬タイヤを外す

冬タイヤはDSX-2

現在の冬タイヤはダンロップのDSX-2

ダイハツの元同僚の大内くんから購入したもの。買って2週間で新琴似のなか卵からの帰り道でインパクトドライバの換え刃を踏んでパンク。修理して今も使用中。

ソニカスタッドレスタイヤ DSX-2

タイヤにナンバリング

で、夏タイヤはこんなふうにシーズンオフ時にナンバリングしてます。

こうすることで来シーズンに取り付ける際、いちいちタイヤショルダーの減り具合を確認することが無くスピーディーに交換作業が可能になります。

できればガムテープではなく養生テープのほうが剥がした際にノリが付かなくて良いです。

ナンバリング

しかし、ホイール内側を見ると回転バランスを保つためのウェイトが無残にも剥がれ落ちてますね・・・。

近々友人のスタンドに持っていって測って貼り直してもらおう。走行中の微妙なバイブレーションや騒音が消えますから。

ホイールバランスウェイト

油圧ジャッキが欲しい

ジャッキアップする前にナットを軽く緩ませておきます。

ナットのレンチサイズは21mmです。

ホイールナットサイズ21mm

純正品でジャッキアップ。上げる作業をクルクルと行うも面倒ですね。ホーマックで安い油圧ジャッキ買おうかしら・・・。

ジャッキアップ

で、冬タイヤが外れて、夏タイヤへチェンジ。ソニカRSリミテッドは標準で15インチホイール

冬タイヤは14インチを選びましたが、個人的には乗り心地を考えて夏タイヤも14でいいんじゃないだろうか、と思っています。

2018年の夏にホイール毎買い換えようかな。ちなみにインチを変更する場合、ホイールインチは違えど、タイヤの外径は同じにしなければなりません。でないとスピードメーターが不正確になるためです。

15インチと14インチ。外径は同じ。

後ろタイヤハウス。サビだらけ。

ショックは抜けており高速道路でフラつきます。

リアタイヤハウス。サビだらけ。

夏タイヤへ交換

夏タイヤはルマン704

夏タイヤの銘柄は冬と同じくダンロップ製でルマン704 ( LE MANS LM704 )を使用しています。吸音スポンジです。

タイヤで一番静かなのはブリジストンのレグノですが、ついに軽自動車、さらにソニカの165/55R15に合うものがリリースされましたが、どうやら普通常用のそれと比べて乗り心地が硬いらしい。

ソニカ夏タイヤ ダンロップルマン704

タイヤの製造年月日

ちなみに重要なのがいつ製造されたタイヤなのかということですが、サイドの刻印を見ることで分かります。

X○○●● 」との表記があります。○○がその年の何週目に製造されたか、●●が西暦4桁の十と一の位を示してます。

私の場合は、「 X1514 」ですので、2014年の第15週目、つまり2014年の4月生産のタイヤであることがわかります。

バイクや原付スクーターのタイヤも同じ読み方です。ご覧になってはいかがでしょうか。

タイヤ製造年月日の読み方

後ろ側に夏タイヤが装着できました。空気減ってますね。潰れてます。

夏タイヤに交換

続いてフロント・タイヤを外します。

フロントタイヤハウスもサビ

ローターやいろいろな部品もサビだらけ。9年経てば北海道ならこんなものでしょう。ただ2シーズンほど高速道路で通勤していたのでこれが主な原因ではないだろうか・・・。塩化カリウムにやられたと。

ブレーキローターもサビ

タイヤ交換と一緒にワイパーも、

冬ワイパー

冬から夏に衣替えです。

夏ワイパー

ちなみに現在の走行距離。

117,672 km

レーダークルーズコントロールが便利すぎて、手放す気がありません。目指せ20万キロ。

2017-04-05のソニカ走行距離 117,672km

全て夏タイヤに交換できました。

 
 

2017年10月17日、夏タイヤ から 冬タイヤに交換

ソニカ、冬タイヤ交換しました。2017.10.17

2017.10.17

ソニカのタイヤを、冬タイヤへ交換しました。(*^^*)

ソニカ、冬タイヤ交換

2016年10月20日、札幌では雪が5cmほど積もりました。

2016年10月20日に雪が積もった札幌

で、

2017年10月17日、

最高気温 12度

最低気温 7度

ちょっと早いかな?と思いつつ、冬タイヤ交換作業を行いました。

ちなみに、

東京:16度/11度

大阪:18度/14度

福岡:21度/17度

沖縄:31度/27度

夏タイヤにヒビ割れが・・・

履いていた夏タイヤ。

メーカーはダンロップ、銘柄はルマン704の吸音スポンジ。

製造年月日は2014年製、3年使うと・・・

ソニカの夏タイヤ ルマン704

サイドショルダー部分にヒビが。

ショルダーにヒビ

端っこのトレッドにもひび割れが見受けられます・・・。

トレッドの溝にもヒビ割れが

冬タイヤはサイドにヒビ・・・

冬タイヤにいたっては、

2012年生!?5シーズン目・・・。

サイドウォールが既にヒビだらけ・・・。

ソニカ2012年製の冬タイヤ・ガリット

挟まっているのはガムではなく、パンク修理材が出てきたものだと思う。

買った年に、10cmほどの電動ドリルの刃が刺さってパンクしたんですよね。

買ったばかりの年にパンクを修理した後

さて、タイヤ交換開始です。

ジャッキは油圧ジャッキではなく、標準ジャッキ。

2017年10月、冬タイヤへ交換

右リアのハブベアリングが損傷していたらしく、ボルトを持って回すとスムーズに回らずガッコン・ガッコン。近々交換する予定です。

ソニカ、ハブベアリングの異音

フロントタイヤを外して、ブレーキパッドの残量チェック。

サービスポールからパッドを確認すると、1mmとちょっと残っている模様。これも新品ローターと新品パッドに交換しなければなりません。

ソニカ、サービスホールからブレーキパッド残量をチェック

タイヤ交換作業を済ませて、以前勤めていた会社のガソリンスタンド部門へお邪魔します。

タイヤに空気を2.1入れました。通常14インチは2.0なのですが燃費を気にして高めに。

高めにするとタイヤは削れてしまうのですが、そこは5シーズンのタイヤです。気にしません。来年の4月になったら夏タイヤへチェンジするのは保留して履き潰そうと思います。

空気入れと洗車

ボディはピッカピカに。気分が良いですね。

ただ、ホイールは塩カリ新食によりボロボロですけど・・・。

ホイールは塩害で腐食

そうそう、スタンドへ行く途中の札幌新川通りと追分通りの立体交差点で北海道ではかなりレアで珍しいマセラティを発見しました。

ギブリかしら?

札幌新川通でマセラティを発見

使い方はとても簡単。車のシートにゴムバンドとフックで固定して、電源はシガーソケットでOK。

弱・強・OFFのスライドスイッチで操作します。直ぐに暖かい冬のドライブの必需品です!

シートヒーター買いました!シガーソケットも! の、ブログ記事はこちらです。

 
 

2018年5月6日、冬タイヤ から 夏タイヤに交換

タイヤ交換

ホイール洗いに挑戦しています。

ジョンソン激泡ガラスクリーナーでホイールを洗う

 
 

2018年10月14日、夏タイヤ から 冬タイヤに交換

6シーズン使った、ダンロップ・DSX2スタッドレスタイヤ。

使い倒したのが、この冬タイヤ

ダンロップのDSX2ってなんだ?

ダンロップは福山雅治の、モチロンギュWINTER MAXX 02じゃないのか?

2007年にソニカを購入したときに、羊が丘のイエローハットでトーヨーのガリットをホイール付きで購入。

そのホイールを今でも使っていますが、腐食で塗装がボロボロ。でもまだ使えるしなぁ。

冬タイヤ。スタッドレスダンロップDSX2の評価は滑る。

タイヤの製造年を調べてみたら、恐ろしい・・・。

2012年製ですよ・・・。

そりゃゴムは硬質化してツルツル滑りやすくなっているハズだ。

サイドウォールのゴムのヒビ割れも酷い。

タイヤの製造年の確認方法。2012年8月生産とわかる。

バッテリーもでしたけど、

オートバックスだと冬タイヤも意外と値が張る

オートバックスのプライベートブランド・ノーストレックは安いけど、ゴムが硬い感じがする。

同じくオートバックスのアイス・エスポルテは新しく柔らかいゴムを使っているけど高いの

よって、安心・安全、実績のブリジストン・VRX安いアマゾンで発注。

ブリヂストンの特徴

昔からゴムが柔らかいのが特徴で、氷や圧雪の上での性能が段違いに良いということ。

( 私のソニカは4WDではなく、FFです。信号で空転を少なくスムーズにスタートするには柔らかいゴムがとても望ましい。 )

さらに、ゴムの柔らかさが維持されるのも特徴で数年は安心。北海道で長年愛される理由も分かります。

逆に、

雪が溶けているアスファルトや、雪が溶けている高速道路では磨耗が激しい

そんな環境で走ることが多いのであれば、安くて硬いゴムを採用したタイヤを2年毎に取り替えるのが望ましい。

それこそオートバックスのノーストレックでも良いし、激安アジアンタイヤでも良いと思う。2年限定なら。

ネットで購入。ガソリンスタンドに持ち込んでスタッドレスタイヤを組み替え交換してもらいます。

ちなみに、

ネットでタイヤを購入する際の不安と言えば、

古いタイヤが届いてしまう恐れ、でしょうか。

で、調べました。

届いた4本のVRX、その製造年を確認したところ、

2418 が、1本 = 2018年 6月

2718 が、1本 = 2018年 7月

2918 が、2本 = 2018年 7月

という結果に。

バラツキはありますけど、去年のタイヤが送られてくるという悪質なことは無いと思われます。さすが?アマゾン。

アマゾンでタイヤを購入。製造年は新しいので心配ない。安心です。

太平ダイナコというガソリンスタンドでタイヤ交換と組み替えバランスをやってもらいました。
タイヤ組み換え時には、バランスとエアバルブ交換を忘れずに!
ブリザックVRXについて、後日記事をアップしました。
オートバックスの安いタイヤアイスエスポルテは発砲ゴム採用

 
 

2019年4月3日、冬タイヤ から 夏タイヤに交換

これまでの軽自動車用のタイヤ

雪も解けていない3月にオートウェイで注文しておいたナンカン・AS-1

札幌市内だけなら雪ももう降らないだろうと思い、本日タイヤ交換を行いました。

ナンカンタイヤAS-1を買いました。
初めての外国産夏タイヤ

今まで、使用した夏タイヤ

ちなみにクルマは、軽自動車のダイハツ・ソニカ。レーダークルーズ付きの2007年製。

そのソニカの夏タイヤとして今まで選んできた銘柄は全て日本メーカーになります。

夏タイヤ遍歴

純正タイヤが、ブリジストン・ポテンザ

走り屋じゃないのでハイグリップ性能はまったくの無駄に終わる(笑)さらに、ロードノイズが大きい、直ぐタイヤが削れていく印象。それがポテンザ

ダンロップ・ルマン703

スタンド勤務の友人S氏に相談したところ、静かなコンフォートタイヤを進められる。当時165/55R15のサイズはルマン703しかなかった。

感想は静かで良かった。さすが特殊吸音スポンジ。しかし磨耗してくるとロードノイズ・パターンノイズがどんどん大きくなった印象が。

別の友人A氏の見解によれば、磨耗してからのブロックパターンノイズすらも考慮して製造しているのはブリジストン( レグノ )。ダンロップはまだまだ成長途中ということらしい。

ブリジストン・Playz PZ-XC

再びS氏に相談したところ、「 レグノほどではないけど、ブリジストンからソニカのサイズに合うコンフォートタイヤがリリースされているよ~ 」とのこと。それがプレイズ PZ-XC

転がり抵抗を減らした燃費エコモデルがプレイズで、そこにコンフォート性能をプラスしたのがPZ-XC。ルマン703と比較して交換したら本当に惰性でよく転がるのが分かって驚いた。抵抗が減っていることを肯定する出来事としては停車している時にハンドルをロックtoロックさせるとすごいスムーズに回転します( 摩擦係数の低減 )

「 転がり抵抗の低減 」と「 路面へのグリップ性能 」どうやって両立しているのかが不思議でたまりません(笑)

過去最高に良いタイヤ。当然、静粛性も満足でした。

しかし、まともな店で購入したら組み換え・バランス・廃タイヤ処分その他もろもろで60,000円はくだらない。とてもじゃないが軽自動車に履かせるタイヤの値段じゃない(笑)

ダンロップ・ルマン4

悪徳スズキディーラーに勤めて給料少ない節約地獄に陥った際に、安いコンフォートタイヤということで勤務先の店では買わずAmazonでルマン4を購入。

PZ-XCと比べると静粛性能が物足りないが普通の速度域では十分静か。当時は高速道路を使って通勤してましたもので。

で、

本来であれば軽自動車用ブリジストン・レグノ、もしくはダンロップ・ルマン5にしようかしらと思っていましたが、近年評価がうなぎのぼりな台湾ナンカン製のコンフォートタイヤを試してみようということに。ブログネタにもちょうど良いですし。

アジアンタイヤやインドのタイヤもありますけど親日ということで台湾のナンカン。ナンカンは台湾の会社です。

新川ICから雁来ICを走行してみた

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

155/65R14 ルマンV
1本 ¥5,800


商品の説明

ダンロップは元々モータースポーツの母国イギリスの会社でしたが、現在は日本の住友ゴム工業のタイヤブランドになってます。日本のメーカーです。
そのダンロップが販売しているコンフォートタイヤが、LE MANS 5 ( ルマンファイブ )になります。言わずと知れた「 吸音スポンジ 」で車内に侵入するロードノイズを低減。以下はルマン5の特徴であるサイレントコア( 特殊吸音スポンジのこと )

ルマンの特殊吸音スポンジの断面図

ルマン703 → 704 → V と進化するたびトレッドパターンも進化してロードノイズを小さくしています。市街地走行でも高速道路走行でもルマン4の静粛性がAS-1より勝っていましたので、ルマン4の後継であるルマン5を購入されても後悔はしないと思います。オススメです。

ルマン5からは非対称パターン。さらに溝の壁に排出空気の流れをコントロールするためのセレーションを設置することでさらなるパターンノイズを削減。名実ともに日本を代表するコンフォートタイヤ。

ブロックパターン。溝壁背レーション

ダンロップの公式サイトで、吸音スポンジの効果を確認できる動画(57秒)を見れます。

別ページで開きます → 吸音スポンジの動画

 


↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
165/55R15 ルマンV
1本 ¥7,500


商品の説明

4本で30,000円ですが、雪が長期で積もらない関西・関東方面であれば3年間使い続けるとして、30,000円÷36ヶ月=1ヶ月辺り820円。静かな車内空間を得られると考えるとコストパフォーマンスの良い買物です。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓
日本のタイヤメーカーで安心できるスタッドレスタイヤは以下の通り。

・ブリジストン ブリザックVRX ( VRX2が最新だが高い )
・ダンロップ ウインターマックス01 ( 02が最新だが高い )
・横浜ゴム アイスガード5プラス ( が最新だが高い )

雪やアイスバーンの多い東北や北海道では、ゴムが柔らかめのブリジストン。安く済ませるならダンロップ。

関東・関西などでは、雪が降ってもすぐに解けてアスファルトが顔を出します。スタッドレスのゴムが少し固めで削れにくい横浜ゴムがオススメ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ブリザック・VRX 155/65R14
1本 ¥4,980


商品の説明

2019年の最新はVRX-2ですが、非常に高価
出来の良いVRXはお値打ち価格で並行して販売されています。
従来のゴムよりも柔らかさが持続するのが発砲ゴム。アイスバーンに強い安心のスタッドレスタイヤと言えば、発泡ゴムのブリヂストン。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
ダンロップ・ウィンターマックス01 155/65R14
1本 ¥4,300


商品の説明

福山雅治のCM、「 もちろんギュ 」でお馴染みのウィンターマックス01です。
02が最新モデルなんですが、01のほうがお得なので。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
横浜ゴム アイスガード5plus 155/65r14
¥5,000


商品の説明

ブリジストンと双璧を成す、日本のタイヤメーカーと言えばヨコハマタイヤ

そのヨコハマが販売する冬タイヤブランドが、アイスガード

ゴムはVRXやウィンターマックス01に比べると硬めなので、乾燥路でゴムが減りづらいという特徴があります。

雪が積もっても直ぐ溶けて、乾燥路面が顔を出す期間が多い東京・大阪などの雪の降る西日本地域にオススメです。

最新はですが、の方がお得です。






おすすめのカーナビやカー用品

-軽自動車・ソニカ
-,

Copyright© 試乗速報 , 2019 All Rights Reserved.