試乗で行こう。BMW_X1 sDrive 20i

試乗で行こう。メルセデスベンツC200 AMGライン

試乗で行こう。静かなコンパクトカーはどれ?







試乗で行こう。スイフトスポーツ

試乗で行こう。デミオXDディーゼルターボ

試乗で行こう。ハスラー

 

試乗で行こう。ワコーズのeクリーンプラスを試す

試乗で行こう。ユーザー車検の受付手順とやり方について

試乗で行こう。駐車違反で反則金を支払わずに済む方法

試乗で行こう。自分で撮影した写真を持ち込みで免許更新

試乗で行こう。ナンカン夏タイヤAS-1はダメでした。

本文説明スタート

ディーラー点検工賃・交換整備

寿命は1年。動画のスマートキー電池交換方法。やり方はカンタン。

更新日:

寿命は1年。動画のスマートキー電池交換方法・やり方

ふとスマートキーでドアロックを解除していたら赤い光が・・・。電池切れ寸前のサインです。(^_^;)

100円ショップでCR2032のボタン電池を購入して電池交換を行いました。

電池の寿命1年と考えましょう。(゚∀゚)ノ

スマートキー電池交換方法

電池の寿命について

ソニカのスマートキーで使うボタン電池は、 「 CR2032 」 という型番の平べったい電池になります。100円ショップで購入するのが一番安いです。

寿命については、通勤で週5日、土日も出かけていましたから、約1年2ヶ月くらいでした。

ただ、駐車場に着いてエンジンを切って、車から降りて、スマートキーでドアロックをしてから、電池が切れた場合は、大抵の人がセキュリティーアラームの餌食に遭っています。よって私は余力を残して1年で交換するようにしております。

電池交換のやり方

まずは、動画で流れを確認しましょう。

続いて、写真で詳細を説明します。手順はカンタン、まずは側面にスライドロックがありますので、
スライドロック

下側にスライドさせてロックを外した状態にして、
ロックを下げながら

カギの頭部分を右側へスライドさせるとカギが抜け取れます。
キーを取り外します

続いて、再度下側に引っ張りロック解除状態で、
続いて、ロックを下げた状態で

エンブレム側がフタになっているのでスライドさせて取り外します。
エンブレムカバーをスライドさせて取ります。

電池カバーはネジ4本で止まっています。
ネジ4本を外します。

プラスドライバーのサイズは#0 ( シャープゼロ )。精密ドライバーセットに含まれます。もしこのサイズのドライバーが無い場合は100円ショップで買いましょう。
プラスドライバー#0サイズ

ダイハツ・ソニカのスマートキーの電池型番は、CR2032というタイプです。スマートキーをひっくり返すとボタン電池が落ちてきますので、新品電池と交換してしまいましょう。
スマートキーのボタン電池型番CR2032

ゴムパッキンがあります。作業の途中で取れてしまった場合は、ココの溝にセットしましょう。
基盤内へのホコリ進入を防ぐパッキン

交換1年をカウントするために、交換日をメモした紙を忍ばせています。
交換日のメモを挟めておきましょう

バッテリーが正常な場合はボタンを押した歳、緑色のライトが一瞬点灯します。
緑ランプが正常です。

ダイハツのソニカのスマートキーロックは珍しいタイプで、カギを持ったまま車を離れると、ロックボタンを押さなくてもドアロックされる便利機能。

ロック解除も解除ボタンを押さずともクルマに近づくだけでロックが解除されます。

ただ、その反面、クルマ側のロックセンサーが四六時中動いており2~3週間乗らない場合はソニカのバッテリーが上がります。氷点下の真冬なら1週間でアウト。

青空駐車場の場合は、ソーラーパネル充電器をダッシュボード上に置くことで回避できます。普通のクルマでもサンデードライバー車にとても有効です。バッテリーの寿命が延びます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
スマートキー 電池 CR2032
¥258


商品の説明

ダイハツスマートキーの電池は、CR2032です。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自動車のバッテリーは駐車していると自然放電を繰り返します( 20~30mA )。ドライブレコーダーを搭載している場合はさらに消費しますし、駐車中にも録画を続けるタイプだとより消費します。さらに知られていませんがリモコンエンジンスターターを付けているだけでも余計に消費されています。

またクルマのバッテリーは気温が下がるが放電されやすくなり、例えば氷点下の北海道で3日ほど青空駐車で放置してしまうと確実にバッテリーが上がります。バッテリーが上がると総充電量が下がりバッテリー寿命が縮みます

セルスターのソーラーチャージャーは、太陽電池で電力を発電してバッテリーに電力を供給するアイテム。発電量は72mAのため、太陽光に恵まれれば自然放電分を補い余る発電を行うため、バッテリー上がりを確実に防いでくれます。

太陽電池にはパナソニック製を使っているため高品質。中華性と比べて安心感が違います。末永く利用することが可能。

取り付けには、エーモンのヒューズ分岐検電テスターがあれば小学生でも簡単にできます。

取り付け方法

エンジンを切る

ヒューズボックスを開ける

---------------------------
ヒューズ差込口に空きがある場合、テスターでプラスマイナスのチェック → ヒューズ分岐を差し込む。

ヒューズ差込口に空きがない場合、使えるヒューズを抜く → テスターでプラスマイナスのチェック → ヒューズ分岐を差込 → ヒューズ分岐の一部に抜いたヒューズを差し込む。
---------------------------

本体の充電コードのプラス側はその一部を外してから、ヒューズ分岐のプラスコードに接続する

本体の電源コードのマイナス側は、シートレールの固定ネジなどに噛ませて完成

使用方法

本体に接続する充電コードをダッシュボード上に引っ張ってくる

駐車する際に、本体を充電コードと接続して日当たりの良いところに放置。充電スタート

運転を再開する場合、コードを抜いて本体をしまう。

※ ワンボックスやミニバンであればダッシュボードが広いので付属の両面テープで本体を固定するのが良いですが、軽自動車やコンパクトカーの場合だとダッシュボードが狭いため本体がフロントガラスに映り込んでしまって運転し辛くなるケースがあります。よって映り込みが気になる場合は上記の方法で。気にならないのであれば付属の両面テープで固定してしまってもかまいません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
ソーラーチャージャー
¥5,580


商品の説明

充電状況・バッテリー状況を確認できるLEDチェックランプ付き。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
分岐。ヒューズ配線
¥280


商品の説明

ヒューズボックスに差し込む際、プラスマイナスを間違えるとヒューズが飛びますので、以下のテスターでチェックするのをお忘れなく。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
極性・検電テスター
¥580


商品の説明

LEDの光り方で極性・通電を判定します。






おすすめのカーナビやカー用品

-ディーラー点検工賃・交換整備

Copyright© 試乗速報 , 2019 All Rights Reserved.