試乗レビューコーナー

試乗で行こう。静かなコンパクトカーはどれ?

おすすめカー用品コーナー

自分で撮影した写真で免許更新する方法。







 
試乗で行こう。スイフトスポーツ

 

ユーザー車検のやり方。

オリンピックラグビーナンバー変更方法

クルマの豆知識。

部品交換・点検整備。

ACC付き軽自動車、ダイハツ・ソニカ

モーターショーや展示会・試乗会

本文説明スタート

知らなかった!クルマの豆知識

11回目の軽自動車税。13回目から 12,900円へ増税。

更新日:

11回目の軽自動車税。13回目から 12,900円へ増税。

5月は軽自動車税の納付書が送られてくる時期です。

アフリカンの手元にも11枚目の納付書が届きました。

自動車税は13回目から増税します。軽も同じく。

7,200円 → 12,900円 軽自動車税の増額

2007年に新車で購入したダイハツ・ソニカ。

ソニカを新車で購入! ← 記事です。

車検シールを貼ったソニカ

2018年4月にユーザー車検( 車検:通算5回目 )

ヘッドライト検査、不合格。

現在、120,000 km。エンジンからはタペット音、CVTからは薄っすらセミが鳴く音が聞こえていますが、まだまだ走れます。

で、2018年5月に軽自動車税の納付書が送付されてきました。

原付50ccの、スマートディオも所有しているため2枚。( 原付が2,000円は高すぎるといつも思うの。)

軽自動車税の納付書(ソニカ・原付50cc)

増税・増額は何年目から?

平成27年(2015)の3/31までに購入した人は、

7,200円だった。

平成27年(2015)の4/1以降では、

増税され、10,800円になりました。

で、

初年度登録。( 下の車検証だと平成19年4月、と書いてます )

ソニカ車検証 所有権解除済み

初年度登録から13年経過した場合、

つまり、13回目の軽自動車税が新たに増税対象となり、

12,900円にアップしてしまう。

私の場合、初年度19年+13年=平成32年(2020年)の5月に届く納付書から増税。

ただし平成は2019年の平成31年4月30日まで。2019年の5月1日からは新年号。よって新年号2年の5月に送られてくる納付書となる。

私は旧税額からの増税だから、その差 プラス 5,700円!!

うーむ、高い・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

自動車のバッテリーは駐車していると自然放電を繰り返します( 20~30mA )。ドライブレコーダーを搭載している場合はさらに消費しますし、駐車中にも録画を続けるタイプだとより消費します。さらに知られていませんがリモコンエンジンスターターを付けているだけでも余計に消費されています。

またクルマのバッテリーは気温が下がるが放電されやすくなり、例えば氷点下の北海道で3日ほど青空駐車で放置してしまうと確実にバッテリーが上がります。バッテリーが上がると総充電量が下がりバッテリー寿命が縮みます

セルスターのソーラーチャージャーは、太陽電池で電力を発電してバッテリーに電力を供給するアイテム。発電量は72mAのため、太陽光に恵まれれば自然放電分を補い余る発電を行うため、バッテリー上がりを確実に防いでくれます。

太陽電池にはパナソニック製を使っているため高品質。中華性と比べて安心感が違います。末永く利用することが可能。

取り付けには、エーモンのヒューズ分岐検電テスターがあれば小学生でも簡単にできます。

取り付け方法

エンジンを切る

ヒューズボックスを開ける

---------------------------
ヒューズ差込口に空きがある場合、テスターでプラスマイナスのチェック → ヒューズ分岐を差し込む。

ヒューズ差込口に空きがない場合、使えるヒューズを抜く → テスターでプラスマイナスのチェック → ヒューズ分岐を差込 → ヒューズ分岐の一部に抜いたヒューズを差し込む。
---------------------------

本体の充電コードのプラス側はその一部を外してから、ヒューズ分岐のプラスコードに接続する

本体の電源コードのマイナス側は、シートレールの固定ネジなどに噛ませて完成

使用方法

本体に接続する充電コードをダッシュボード上に引っ張ってくる

駐車する際に、本体を充電コードと接続して日当たりの良いところに放置。充電スタート

運転を再開する場合、コードを抜いて本体をしまう。

※ ワンボックスやミニバンであればダッシュボードが広いので付属の両面テープで本体を固定するのが良いですが、軽自動車やコンパクトカーの場合だとダッシュボードが狭いため本体がフロントガラスに映り込んでしまって運転し辛くなるケースがあります。よって映り込みが気になる場合は上記の方法で。気にならないのであれば付属の両面テープで固定してしまってもかまいません。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
ソーラーチャージャー
¥5,580


商品の説明

充電状況・バッテリー状況を確認できるLEDチェックランプ付き。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
分岐。ヒューズ配線
¥280


商品の説明

ヒューズボックスに差し込む際、プラスマイナスを間違えるとヒューズが飛びますので、以下のテスターでチェックするのをお忘れなく。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
極性・検電テスター
¥580


商品の説明

LEDの光り方で極性・通電を判定します。






おすすめのカーナビやカー用品

-知らなかった!クルマの豆知識
-

Copyright© 試乗速報 , 2019 All Rights Reserved.